「第13回 VEC 制御システムセキュリティ対策カンファレンス」にて講演

当社は、製造業でのIoT・DX化に、IoTセキュリティ等のソリューション提供で貢献することを目的に、製造業でのIT化に取り組むVEC(Virtual Engineering Community)に加盟しています。
11月上旬に開催された「第13回 VEC 制御システムセキュリティ対策カンファレンス」では、製造業におけるデジタル・トランスフォーメーションの取組みと、制御システムセキュリティ対策に関する最新動向や取り組みが、発表されました。
当社は、本カンファレンスで、工場のDXを実現するキー技術となる、産業用データを安全にクラウド送信する「IoTセキュアサーバー」に関する講演を行いました。

オンライン講演の模様

カンファレンス概要

カンファレンス名称 第13回 VEC制御システムセキュリティ対策カンファレンス
日時 2020年11月9日(月)~11日(水)
 13:00~17:00
開催方法 Google MeetによるWEBセミナー
主催 VEC(Virtual Engineering Community)
ウェブサイト

第13回制御システムセキュリティ対策カンファレンスのウェブサイト

コンセプト

コロナ禍による世界経済への影響が高まる中、社会を支える重要インフラは、コロナ対策を行いながら、操業を継続しています。
しかしながら、生産・製造システムなど、重要インフラへのサイバー攻撃は、日々高度化しています。
このため、制御システムのセキュリティ対策は、従来の技術者レベルでの対応から、会社全体レベルでの対応が不可欠となっています。
更に、重要インフラでDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、業務改革を実現するためには、情報セキュリティから制御システムセキュリティ、サプライチェーンセキュリティ、クラウドセキュリティなど、広範囲にわたる知見が求められています。
これら課題の解決となるべく、「第13回 VEC制御システムセキュリティ対策カンファレンス」が開催されました。

講演概要

「産業用データを安全にクラウド送信する「IoTセキュアサーバー」のご紹介」
日時 2020年11月11日(水)
 15:50~16:20
講演者 アドソル日進株式会社
 IoTソリューション本部 セキュリティ・ソリューション事業部
 コンサルティング部 後藤 秀樹
概要 産業用データを安全にクラウド送信する「IoTセキュアサーバー」を、事例を交えて、ご紹介しました。

※IoTセキュアサーバーの詳細は、こちらよりご覧ください

IoTセキュアサーバー 活用イメージ IoTセキュアサーバー

VEC(Virtual Engineering Community)

VEC(Virtual Engineering Community)とは、日本の製造業において、めまぐるしく変化する市場状況や革新的技術をいち早く取り入れ、時代を先取りしていくために、ユーザーニーズ、業界リーダーのシーズ、メーカーの要素技術、エンジニアリング会社やSI (システム・インテグレーター)の応用技術などを融合し、それらの最新複合情報を共有化することで、それぞれのニーズに対しての最適なソリューション構築を実現する為のパートナーシップ集団です。

詳細は、VEC(Virtual Engineering Community) のWebサイトをご覧ください。


お問合せ

工場のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を加速させる「IoTセキュアサーバー」に関するお問い合わせは、下記リンク先より、Webフォームからお願いいたします。


ご参考

2020年7月13日 工場のDXを加速!! 「IoTセキュアサーバー」のご紹介
2020年7月7日 工場のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を加速!!「IoTセキュアサーバー」販売開始のお知らせ