【地図のDX】マップボックス・ジャパンとパートナー契約を締結

Mapbox

ソフトバンク株式会社とSB C&S株式会社主催、ソフトバンク最大規模の法人向けイベント「SoftBank World 2022」(日程:2022年7月28~29日)にて発表されました通り、アドソル日進株式会社(以下、当社)と、ワシントン発のユニコーン企業Mapbox Inc.とソフトバンク株式会社が共同出資するマップボックス・ジャパン合同会社(以下、マップボックス社)は、地図によるDXを推進し、市場拡大を図る目的でパートナー契約を締結しました。

2022年7月より、当社がValue Added Resellerとしてマップボックス社のSaaS型地図開発プラットフォーム「Mapbox」を活用し、地図情報サービスの開発受託業務を行います。
当社が強みを持つ製造業界やエネルギー業界を足掛かりに幅広い業界へ展開し、3年後に100社への導入を目指すとともに、業界特有のソリューションパッケージなどの共同開発も行う計画です。


本パートナー契約によるシナジー効果

従来、地図情報サービスは、様々なデータを地図と紐づけてビジュアライズすることで、空間的・多層的に情報を整理し利活用するサービスとして、視覚的に情報の共有や分析がしやすいことから、居住地・行動エリアなど地理的情報等に基づくマーケティング、道路交通情報分析、ハザードマップの作成や設備管理などに活用されてきました。

近年では、DXの普及でデータを取得する企業が増え、同時に情報量の増加でその取り扱いが困難になっていることから、地図によるDXの潜在需要が様々な業界で拡大しています。

そこで、本パートナーシップに基づき、AIやクラウド、IoTなど最新技術を活用したデータ収集・利活用モデルの設計が可能で地図情報サービスの開発経験が豊富な当社が、導入のしやすさや拡張性の高さ、豊かな表現力を特徴とするMapboxを用いることで、地図情報サービスの用途を開拓し、ユーザー各社の地図によるDXの推進、ひいては市場拡大を目指します。

当社とマップボックス社が連携することで、100%を超えるシナジー効果を生み出し、従来からのエンタープライズの開発から地図によるDXに対応した新ソリューションの創出まで、主導的企業としてGISビジネスを牽引して参ります。

※GIS:Geographic Information System(地理情報システム)の略称。地図情報サービスの開発に使われるシステム。



Mapboxのご紹介

Mapboxは、様々な情報を集約し自由自在な地図描画を行うことでロケーションデータの活用を推進する地図開発プラットフォームです。
パキスタンの洪水マップやアフガニスタンの選挙マップの作成など、限られたデジタル環境下でも大量のデータをマッピングできるツールとして開発されました。

社内外の様々なデータを自由に組み合わせ、ユースケースに最適な地図を構築することで企業のロケーションデータ活用を促進します。


イメージ1
イメージ2
イメージ3

Mapbox サービスの6つの特徴

①豊富な導入実績

豊富な導入実績

Mapboxは国内・海外とも豊富な導入事例があります。天気の表示や混雑ヒートマップ、顧客の展開するサービスの利用可能店舗の表示、そしてランニングルートの計画や結果表示などその用途は多岐にわたります。

②充実した製品ラインナップ

充実した製品ラインナップ

Mapboxはスマートフォンだけでなく、スマートグラスや車などあらゆるスマートデバイスで利用可能です。開発基盤は、iOS、Android、Qt、Unityやjava scriptなどのWeb開発など様々なプラットフォームに提供されています。

③使いやすさ

使いやすさ

Mapbox は、地図UXをコーディング不要なツールを用いて開発・ホスティングが可能です。豊富なスタイルテンプレートから選択し、地図を構成する情報レイヤーの追加や修正も簡単に実現できます。企業保有のデータを追加できるだけでなく、レーンレベルのナビゲーションや39言語での表示など高度なカスタマイズ機能を有しています。


④手軽で柔軟な価格帯

手軽で柔軟な価格帯

Mapboxはフリーでトライアル開始できます。利用した分だけ課金される柔軟な価格設定です。 また、大規模利用のケースは法人契約割引があります。

⑤高精度

高精度

Mapboxは、高精度を誇るゼンリン社の地図を基板としています。道路や建物情報だけでなくPOIを含めて全域の99%をカバーしています。さらに、収集データを用いてより高精度にすることが可能です。

⑥3D地図の表現力の高さ

3D地図の表現力の高さ

Mapboxは、すべての地域で3D地形のレンダリングをサポートしています。高解像度の衛星画像のサポートを受けることが可能です。また、CameraAPIやSkyAPIを新規に導入しつつも地図のロード時間の大幅な短縮を実現しています。


アドソル日進の「Mapboxサービス・メニュー」

①コンサルティング・導入支援

コンサルティング・導入支援

お客様の課題解決に向けたGISデータの選定からプラットフォーム検討までGISコンサルタント、GISデータサイエンティストが対応します。

②システム開発

システム開発

GISエンジニアが企画検討、設計から開発までワンストップで対応します。

③弊社ソリューション連携

弊社ソリューション連携

屋内外センサー対応のuLocationと組み合わせ、業務効率化、安全管理など様々な課題に対応したサービスを提供します。


アドソル日進は今後も、DXソリューション・パートナーとして、幅広い技術力と高度なプロジェクト管理・提案力により、ワンストップで高品質なソリューションを提供いたします。


マップボックス・ジャパン合同会社について

マップボックス・ジャパン合同会社は、2020年に設立された、米国Mapbox Inc.とソフトバンク株式会社の合弁会社です。
地図情報サービスの開発プラットフォームにおけるリーディングカンパニーであり、ユーザー企業や代理店企業との共創により、地図を活用した新たな生活体験や業務改善ソリューションを生み出すことで、社会と暮らしの進化を支えています。

社名 マップボックス・ジャパン合同会社
本社 東京都港区虎ノ門1-10-5-11F
設立 2020年3月10日
代表者 高田 徹(最高経営責任者CEO)
事業内容 1.Mapbox Inc.の製品・サービスの日本顧客への再販事業
2.Mapboxの製品をカスタマイズ及び機能拡張した
  地図関連のプラットフォーム事業
出資者 Mapbox Inc.
ソフトバンク株式会社
ウェブサイト https://www.mapbox.jp/


お問い合わせ

Mapboxの製品に関するお問い合わせや、マップボックス・ジャパン合同会社との協業に関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりお願いします。

関連リンク

 
Mapbox製品ページ https://www.adniss.jp/products/products-detailed/mapbox.html
マップボックス・ジャパン合同会社 https://www.mapbox.jp/
▼「GISソリューション」サイトはこちら ソリューション

▼「GISマガジン」はこちら(月イチで連載中!) GISメルマガ

▼アドソル日進の「プロフェッショナルテクノロジー」についてはこちら プロフェッショナルテクノロジー