「セキュリティ・ソリューション導入事例のご紹介」

アドソル日進株式会社
 IoTソリューション事業部 事業部長 片山 健児

重要インフラはデータ・ダイオードで守る

この数年、重要インフラや大病院、工場等がサイバー攻撃の標的にされ、甚大な被害が出ています。重要インフラのみならず、小規模な工場や病院も狙われています。特に最近では工場が標的にされるケースが多くなってきています。
これらのサイバー攻撃により、メーカーにおける機能不全や不良品の出荷、操業停止など事業活動に致命的な影響を及ぼす可能性が高くなっています。その格好の標的になっているのは、脆弱性を有するIoTデバイスです。工場では、ウィンドウズXPなど老朽OSが、依然として現役で動いていることも多い。
被害を避けるには、脆弱性を有するIoTデバイスでも安心・安全に活用できることが重要です。そこで活躍するのが、当社の「セキュア・シリーズ(リンクスセキュア)」です。

アドソル日進株式会社 片山健児

Lynx Software Technologies,Inc. CEO Gurjot Singh 氏

生産機器などにおける重要な制御システムが、社内ネットワークを通して外部ネットワークと接続している場合、リンクスセキュア独自の仮想化技術で、全ての領域を安全かつ仮想的にネットワークから分離できます。もしウイルスが侵入しても、その領域は遮断され、重要機能やデータに影響はありません。

セキュリティ対策のカギとなるネットワークの仮想分離により、ネットワークの高セキュリティ化を実現する一方、リンクスセキュア独自のデータ・ダイオード技術(データの片方向通信)による、安心・安全な通信を確立しています。
この技術を製品化したセキュア・シリーズでは、外部ネットワークとの接続ポイントに、「セキュア・ゲートウェイ」を適用。さらに、社内ネットワークとの接点に「セキュア・アダプタ」を設置すれば、老朽OSを搭載していたとしても安全です。

アドソル日進株式会社 片山健児

基調講演でも取り上げられたように、セキュリティの設計は、デバイスやネットワークの段階から組み込んでいくことが重要です。

講演動画

LynxSECURE プロモーションサイトより、ご覧ください。

セキュリティ・ソリューション導入・適用事例のご紹介