【アドソルGISマガジン】"GIS"ってなんだろう?[Vol.1]



新春を迎え、お健やかな日々をお過ごしのことと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
2022年となり、お正月休みの間に近所の神社へ初詣に行かれた方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

近年はスマートフォンが普及したことで、"近くの神社"と検索し、目的地までの道案内を瞬時に確認することが出来る、とても便利な世の中になりました。
実はこの道案内、"GIS"と呼ばれる地理情報システムが活用されていることはご存知でしょうか?
地図情報は私たちの普段の生活を便利にするだけではなく、ビジネスの場でもたくさんの有益な活用方法があります。

そこで、みなさまへ"GISの可能性"を知って頂くために、GISに関するコラムの連載を開始致します!
当コラムはGISについての情報を皆さんにお伝えし、課題解決、ひいてはDXやデータドリブン経営にお役立ていただくことを目的としております。

"GIS"ってなんだろう?

そもそもGISとはなんでしょう?
GISとはGeographic Information Systemの略称で、「地理情報システム」と訳されます。
国土地理院のウェブサイトでは以下のように紹介されています。

「地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。」

ご参考:国土地理院ウェブサイトhttps://www.gsi.go.jp/GIS/whatisgis.html
例を挙げると、『外出先で近隣の店舗の検索と店舗までのルート表示し支援する』。
『台風発生時に、どこにどれくらいの雨が降るか、ハザードマップの範囲等の確認』。
みなさんの身近でGISが使われています。

GISでは、様々なことが可能ですが、以下の4つが主なものです。


  • ビジュアライゼーション
  • 地図データ化や、地図化可能な表データを描画し、2D、3Dなどで地図として表示します。
  • 空間的な分析
  • 複数の地図データを重ね合わせて、近接関係、重なり、経路、集約、補完などの空間的な分析を
    行います。
  • データ作成
  • 作図や、CAD等のデータを読み込んで地図データ化、住所からの地図データ変換、分析結果としての
    地図データ生成が可能です。
  • ユーザーインターフェース
  • 地図に触れる、操作することが可能です。
    地図の移動・拡大、対象の選択、データの入力が可能です。


皆さんが日常的に目にする電子地図は、現実世界の座標(位置情報)を用いて、図形データ化(点・線・面)し、幾重にもレイヤーとして重ねることで、地図が完成します。
グラフィックソフト、OHP、アニメのセル画の様なものをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。
GISはこれらのレイヤーを1枚の「絵」ではなく、レイヤー構造のまま使用します。(図1)




また1つ1つのレイヤーは「図形データ」と「属性」といわれる表のデータにて構成されており、各レコードがリンクしています。(図2)




こうして作り上げられた、一見すると1枚の地図。しかし実はレイヤー構成で、各レイヤーに図形と属性が存在しているデータの塊。
この地図に対して、図形と図形の関係性を用いて様々な分析を行い、そのアウトプットとして、また新しい地図データを生み出すのが、GISの特長です。

分析も対象が図形なため、面と縁の重なり合い、隣接している図形の抽出、バッファーの作成、特定の図形に含まれる別レイヤーの図形の抽出、データの補正、経路探索などが可能です。(図3)




今回は初回ということで、「GISとはどんなもの」という一番基本的な情報を、お伝えさせていただきました。
これからも様々な情報をお届けしていく予定ですので、お時間あるときにでも御目通しください。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。
今後も、 有益な情報を発信して参りますので、引き続き、よろしくお願いいたします。


アドソルGISマガジン バックナンバー
アドソルGISマガジン 記事一覧は下記バナーよりご覧いただけます。
アドソルGISマガジン バックナンバー

メルマガ購読

当社ではGISマガジンの他、お客様へ情報提供のために定期的にメールマガジンを配信しております。
購読を希望される方は、下記バナーのWebフォームからお申し込みをお願いいたします。

月2回、定期的にお届けしています
最新のIT動向、当社のニュース、イラストで読みやすく解説したコラム記事など、有益な情報をみなさまへお届けしています。 メールマガジン購読お申し込みフォーム

お問合せ

本コラム、及びGISソリューションに関するお問い合わせは、下記リンク先のWebフォームからお願いいたします。
GISソリューションに関するお問い合わせ


ご参考

関連リンク
ソリューション 【GIS:地理情報システム SUNMAP 】 ウェブサイトは、 こちらからご覧ください。

関連ニュース
2021年8月26日 【電波新聞】慶應義塾大学との共同研究(GIS:地理情報システム)に関する記事が掲載
2020年10月14日 地理情報システム学会(GIS学会)で講演
2020年6月16日 【GIS:地理情報システム SUNMAP 】 ウェブサイト・リニューアルのお知らせ