米国・サンノゼ R&Dセンターで、インターンシップを実施

米国サンノゼ・シリコンバレーの100%子会社「アドソル日進サンノゼR&Dセンター」にて、OSやセキュリティ技術に関するハイレベルな人材育成を目指し、日本の大学生向けに海外インターンシップを開講しましたので、お知らせいたします。

実施概要

期間 2019年8月26日 ~ 9月20日(全19日間)
場所 アドソル日進 サンノゼR&Dセンター
(Adsol-Nissin San Jose R&D Center,Inc.)
 米国・サンノゼ シリコンバレー/855 Embedded Way, San Jose, CA 95138-1018 USA
参加学生 3名(学部3回生1名、修士1回生2名)
研究・開発テーマとプログラム
テーマ
ネットワーク分離された環境におけるデータ参照
概要
IoT機器向けセキュリティ・ソリューション:LynxSECUREを活用
隔離ネットワークと、公開ネットワークでの安心・安全なセキュリティ・ネットワーク・システムの研究と開発。
インターンシップのプログラムの模様

ポスターセッション

期間中、立命館大学 情報理工学部のゼミ生(約20名)に来訪いただきました。
これに合わせ、「ビッグデータ解析における研究」をテーマに、ポスターセッションを行いました。
ポスターセッションでは、「サンノゼR&Dセンター」と「LynxSoftware Technologies社」が参加し、成果発表会が行われました。

ポスターセッションの模様
ポスターセッションに参加の皆さま

海外インターンシップ報告会

本インターンシップ終了後、海外インターンシップ報告会が行われました。
本報告会では、米国サンノゼR&Dセンターとライブ中継し、参加した学生による、成果発表がありました。

日時 2019年10月30日
会場 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
出席者 立命館大学  : 情報理工学部 島川 博光 教授
       情報理工学部 上原 哲太郎 教授
       情報理工学部 毛利 公一 教授
       インターンシップ参加学生
アドソル日進:人事担当者
海外インターンシップ報告会の模様
報告会に参加の皆さま