SUNMAP活用術

もっと手軽にGISを導入! 可視化で差がつく SUNMAP活用術
GISとは・・・(Geographic Information Systemの略称です)

GISとは、現実世界の中にある、地理情報(位置を基にしたさまざまな情報)を作成、管理、表現、検索、分析、共有するための技術です。

情報をレイヤに分け、「主題データ(顧客情報や統計情報など)」や、「基盤データ(背景地図、画像、道路網など)データを重ねあわせることで、地理的な分布情報を把握したり、地理的な関係性を把握することができます。

また、地理空間情報は、気象などの自然情報、災害情報、電波、建物情報、交通情報、土地利用、地質、ハザードマップ等の主題図、都市計画、地形、地名情報、統計情報、航空写真、衛星画像等、多様なデータとマッピングし、活用することで、「空間情報」を「視覚的」に判断しやすく、新たな発見を促す効果が期待できます。

SUNMAPとは・・・(Smart Useful Nissin Mapの略称です)

当社が世界No.1のGISエンジンである"ArcGIS"を活用し、ご要望に柔軟なサービスを提供するため製品化した地図配信サービスとなります。 多種類のデータ形式をサポートしており、お客様の情報と地図を手軽にマッピングすることで見える化及び地図視点での分析など、高度な要件(マーケティング、商圏分析)に活用可能な最適なソリューションを提供致します。

SUNMAPの特長
SUNPAMの主な機能
SUNMAPの防災・災害時の活用例&事例紹介
【自治体向けの総合防災情報システムの開発事例紹介】

防災関係情報を総合的に掌握・提供することで、大規模災害時における災害対策本部や他自治体、関係機関の意思決定を支援する機能、及び一般市民へ安全安心情報を配信するシステムとして現在も継続運用しています。

当社の防災・GISソリューション構成は、気象庁の各種情報、国土交通省のXバンドMPレーダ、各自治体で保有する、水位観測所・雨量観測所・地震計などと連携し、災害発生時の初動対応における意思決定支援を行います。

SUNMAPとタッチタグによる位置検知GISシステム活用例&事例紹介
触れる、乗る、座る、握るといった自然な動作で検知・認証の電界通信(人体通信)を活用したGISソリューション

アドソル日進の社会システム事業とユビキタス事業のコラボソリューションは、確かな技術力と、実績導入の経験値により、さまざまな要望に合わせた満足いただけるコストパフォーマンスを実現します。

SUNMAP関連ソリューションの紹介
帳票出力機能はアドソル日進のAPTOSソリューション技術との融合

SUNMAPは、お客様の要望に最適な帳票ツールとの連携により、帳票作成機能の強化をはかっています。 帳票ツールは主にSVF(Super Visual Formade:総合帳票基盤)やExcel POIの採用を想定しています。

SUNMAP機能一覧 ライセンス形態として「Basic」、「Standard」、「Advanced」の3つを提供しております。 以下の表はあくまで一例であり、オプション機能の対応、独自機能の実装など、お客様のご要望に合わせて柔軟に対応させていただきます。
SUNMAPはesri社のArcGISを活用したサービスです。
ArcGISのライセンスに基づいた対応をお願いすることがございます。
価格・ライセンスの詳細につきましては、当社までお問合せ下さい。
SUNMAPカタログダウンロード&お問い合わせ先
SUNMAP カタログ
gis-cat
SUNMAP for クラウド
Cloud
SUNMAP for VRP
VRP-2
Zigbee屋内検知
ソリューション
gis-cat-4

 
SUNMAPプロモーションサイト

ビジネスパートナー、テクニカルパートナーに関する詳細については、
下記にてお問い合わせくださいませ。
お問合せ先:アドソル日進 社会システム事業部
GISソリューショングループ担当
03-5796-3134
お問合せフォームはこちらから