ご挨拶


代表取締役社長 上田富三

代表取締役社長 上田富三

 日本の社会インフラは、2020年に開催が予定されている東京オリンピックをひとつの契機として、エネルギー、自動車・道路、鉄道、航空、情報通信、防災、医療など、あらゆる分野で、第4次産業革命とも呼ばれるIoT(Internet of Things)や第3のプラットフォーム(モバイル、ソーシャル、ビッグデータ、クラウド)等の先進的なICT技術をフル活用した次世代システムへの移行・更新が進展して参ります。また、情報セキュリティの領域では、情報漏えいや標的型サイバー攻撃の脅威は高まっており、IoTが本格的に進展する情勢において、情報システム全体やIoT機器に対するセキュリティ対策が急がれています。

 当社は1976年の創業来、電力・制御に強いICT企業として40年に及ぶ実績と経験を積重ね、今日では、デバイス(センシング、OS、近距離無線を含む)から、広域ネットワーク、大規模基幹システム、クラウド、ビッグデータに至るIoTシステムの全域に、セキュリティ加えたワンストップ・ソリューションを提供出来る強みと、グローバル分散開発を可能とする当社独自の開発ツールに加え、当社技術者の4人に1人がPMP(プロジェクト管理の国際標準資格)を保有するなど、高度なプロジェクト管理力と、経営陣や社内専任組織による徹底した品質レビューによる確かな品質力に強みがあります。

 当社は、社会システム領域と全IoT領域での強みを背景に、「安心」「安全」「快適」「環境」をキーワードに、「IoTで未来を拓く総合エンジニアリング企業」として、次世代型へと移行する社会の発展に貢献して参ります。

代表取締役社長
上田 富三