ソフトウエアジャパン2013



 2月15日(金)に開催されました『ソフトウエアジャパン2013』で、当社荒本社員が、以下のセッションに登壇しました。
 多数のご来場ありがとうございました。
■セミナー名称: 『ソフトウエアジャパン2013』
■会 期: 平成25年2月15日(金) 9:30~18:30
■会 場 : 一橋大学 一橋講堂会議室
学術総合センター 国立情報学研究所(東京・千代田区)
■主 催 : 情報処理学会
■ITフォーラムセッション : 「AITC 先端IT活用推進コンソーシアム」
ビッグデータが導く「知識から行動へ」実証プロジェクトのご紹介
■セッション概要 : 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)では5部会が連携し、「Porject LA (Leads to Action)」に取り組んでいます。Project LAでは収集した情報を知識化し、行動を促すシステム「System LA」として、クラウド基盤上のビッグデータに人々が意味付けし、System LAが機械的に構造化・解析することで個人化した知識を提示し、一人ひとりの行動が促されることを目指しています。今回は、プロトタイプを含めて「Project LA」についてご紹介します。
■ プログラム 9:30-9:40 オープニング
9:40-10:15 講演-1 牧野友紀(AITC CC研究部会リーダー/日本ユニシス)
10:15-10:45 講演-2 高岡大介(AITC CC研究部会メンバー/産業技術総合研究所)
10:45-11:15 講演-3 荒本道隆(AITC クラウド・テクノロジー研究部会リーダー/アドソル日進)
バックエンドの技術解説
【講演概要】クラウド・テクノロジー研究部会で作成したProject LAのバックエンドのRDFサーバについてご紹介します。ソーシャルデータやその他のデータを収集してRDFに格納し、SPARQLによる一元的な検索の実現についてご説明します。
11:15-11:45 講演-4 松山憲和(AITC ユーザーエクスペリエンス技術部会リーダー/PFUソフトウエア)
11:45-12:00 Q&A