ソフトウエアジャパン2012



2月1日に開催されました、『ソフトウエアジャパン2012』で、当社の荒本社員が、 以下のセッションに登壇しました。
■セミナー名称: ソフトウエアジャパン2012
■会 期: 平成24年2月1日(水) 13:30~15:30
■会 場 : タワーホール船堀 東京都江戸川区船堀4-1-1
■主 催 : 情報処理学会
■テーマ : CIO最高情報責任者は決断する
■セッション : ITフォーラムセッション 「AITC 先端IT活用推進コンソーシアム」
■概要 : 先端ITの技術者育成と活用推進を目指して
~AITCにおけるビジネスAR&クラウド技術の活動ご紹介~
【セッション概要】
「先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)」は、企業システムにおける先端ITの活用および先端ITエキスパート技術者の育成を目指し、2010年9月に設立されました。複数の企業が共同で調査・研究・検証・実証等を行うことで、先端IT適用の課題解決に寄与し、安定性や機密性等が求められる企業情報システムにおける先端ITの適用サイクルを早め、同時に先端ITに知見の深い技術者を育成し、先端IT活用による企業活動の価値向上に資することを目的に活動しています。また、安定性や機密性を求める社会基盤にも先端ITの活用が進むことを目指しています。今回は、AITCの各種活動の中から、①ビジネスをARで変革する領域をビジネスARと定義し、ビジネス分野におけるARの活用に取り組む「ビジネスAR研究部会」 ②クラウド技術を企業内で利用するため実践的アプローチで検証に励む「クラウド・テクノロジー研究部会」を取り上げ、考察も含め活動の一端をご紹介いたします。
■プログラム : 【会場】2階 蓬莱
13:30-13:35 オープニング / AITC概要紹介
13:35-14:15 講演-1 武理一郎
      (AITCビジネスAR研究部会サブリーダー/富士通/富士通研究所)
14:15-14:35 講演-2 中川靖士
     (AITCビジネスAR研究部会サブリーダー/日本ユニシス)
14:35-14:50 AITC活動紹介
———————
14:50-15:30 講演-3 荒本道隆
      (AITCクラウド・テクノロジー研究部会リーダー/アドソル日進)

———————
クラウド-Mahoutを使ったプロトタイプ
【講演概要】クテウド・テクノロジー研究部会では、MMLやレセプトデータ
を、実際にクラウド技術の1つであるHadoop上で使用して、データ抽出や
リコメンデーションを行った。その手順と結果についてご報告する。